LED蛍光灯の実力は・・・・

AC直結タイプのLED蛍光灯は、必ず配線工事を必要とするが、消費電力のロスも無く、出力が安定し、従来の蛍光灯の約半分の消費電力で、20-50%程度あかるくなりました。
これは、都内の某商社様で実際に導入してしていえた結果です。

1フロアの工事にかかる作業時間が、約6時間(短縮は可能です)。既設の取り外し、器具の開放、回路変更、器具復元、LED設置・・・・の一連の作業。
実際導入してみて、事前と事後の比較→ 床面照度300Lux→380Luxへ、机上の照度440Lux→660Luxへと大きく明るさを向上させました。
LEDのメリットは、省エネだけではありません。光源を見上げても、一般蛍光灯のときより眩しさが少なく、目に優しいということも、大きなメリットです。一見すると照度が下がったように見えますが、実際には、刺激が減って、明るさは増していました。
試算結果では、約70本強の交換入替で、コスト回収が7年未満で実現予定。また、CO2削減量も年間3トン程度と大きな貢献度を示しました。

d0165304_19173892.jpg


照明機器としては、かなり早く登場した、蛍光灯タイプのLED照明。2年前は、大陸製造の直輸入品が多く、サポートできる業者も少なかったようですね。
ちょうど一年前に、販売を始めたとき、注目度は抜群でしたが、私たちのLED蛍光灯は、価格も群を抜いて高かった^^;・・・。メーカーの社長いわく、品質を落としてまで、コスト下げることはできない!!これが、いまでも口癖の気骨ある方で、なかなか、信頼の置ける人物だと、我々は思っている。

そのころには、先行した海外製品が、日本の蛍光灯器具の構造や安定器の仕様もわからず、いろんな失敗を繰り返していました。中には、「火」をふいたものまで・・・・どうしてでしょう・・・・。
LEDは電子機器、DC12Vで動作する、きわめて省電力機器であるということで、非常に簡単に考えていたのではないかな?   と今にして思えば、そう感じます。

商品の問い合わせは、こちらでお聞きします^^
[PR]

by ledlighting | 2010-05-25 19:20 | LED照明機器

屋外使用の小型高出力LED電球ですよ

d0165304_2104067.jpg

屋外でも使えるLEDの電球タイプって、いままで、あんまり無かったんです。しかも、LEDってのは熱に弱いので、排熱の仕組みが重要で、防水構造ってのは、隙間をあけてベンチレーション(換気)するわけにいかないじゃん^^。もっとも、グレードの高い屋内用のLED照明も、内部ユニット部分に、簡易防水のシーリングをしているものもありますが、本来の防水の意味は??
IPXXXという規格がIEC(国際電気標準化会議?かな)できめられた電気設備の防塵(埃や塵、粉塵など)や防水(水の浸入)などの強度性能レベルを数値化したものですね・・・・

IP65ってなによ・・・という方もいるでしょう・・
IP 6:防塵性能のこと(粉塵等が進入しない)、5のほうは防水性能で、通常の雨風では、機能に影響をきたさないレベルです。ホースなどで、圧力をかけながら放水されると水の進入があるレベルですね・・・

で、この写真の電球は、IP65の性能を持って、しかも、低温-30℃から高温40℃までで動作する、優れもの・・・冷凍庫や冷蔵庫、沿岸地域、シャワー室、通常の屋外や看板のライトアップ照明の替わりにも使える。

シリーズで小さいものから、最大36Wまで、水銀灯やHIDの交換用にも最適なライトでした・・・

IP65Dシリーズ製品の紹介はこちら

d0165304_2251293.jpg
[PR]

by ledlighting | 2010-05-22 02:26 | LED照明機器

省エネ照明機器としてのLEDはココがすごい

LEDを使った照明機器が本格的に導入され始めている

2年ほど前から、取り組んでいたLED照明機器の動きがここにきて、非常に活発になってきた。
個人での購入や店舗、企業でも導入など・・・積極的に従来の照明をLEDに交換していこうとする
意欲が広がってきたのだろうか・・・・・。

昨年、一昨年は、一部の粗悪品?による悪い評判と業界の消極的な姿勢によって、市民の意識レベルが
コントロールされていたのかもしれない・・・・しかし、世界的な温暖化防止活動、CO2のより具体的な削減
目標、そして、2012年「白熱電球」の廃止目標に向かっての業界反応の活発化などによるものと思っている。

某メーカーのTVコマーシャルに注目しよう、液晶TVとLED電球だけになってしまった。
よっぽどの業務転換です。しかし、大手はそこまでのめりこめない・・・・様々な事情が見え隠れする。
でも、居間から10年間のうちには、現在ある照明機器の50%程度はLEDまたはそれに準じる省エネ
機器に置き換わると思っている。

で、LEDは、本当にいいのか・・・?
実際には、LED照明機器も価格が1昨年ほど高くは無い、LEDチップの流通も安定し、製造技術もそれなりにこなれてきているのではないか・・・。
中国製といえども、馬鹿には出来ない・・・・なぜ?日本や欧州だけでなく、韓国資本や台湾資本の中国進出が大きな役割をもっているのだろう・・。
これが、シンセン地区にLEDメーカーが多く存在する所以だ。

で、LEDのどこがスゴイっていうんだ・・???
そう、話がずれてずれて・・どこまで行くのかと思いきや・・思い出しました。

ここがすごいをいくつか紹介していきます・・・記事を読んでね・・d0165304_23365643.jpg
[PR]

by ledlighting | 2010-05-21 23:29 | LED照明機器