屋外使用の小型高出力LED電球ですよ

d0165304_2104067.jpg

屋外でも使えるLEDの電球タイプって、いままで、あんまり無かったんです。しかも、LEDってのは熱に弱いので、排熱の仕組みが重要で、防水構造ってのは、隙間をあけてベンチレーション(換気)するわけにいかないじゃん^^。もっとも、グレードの高い屋内用のLED照明も、内部ユニット部分に、簡易防水のシーリングをしているものもありますが、本来の防水の意味は??
IPXXXという規格がIEC(国際電気標準化会議?かな)できめられた電気設備の防塵(埃や塵、粉塵など)や防水(水の浸入)などの強度性能レベルを数値化したものですね・・・・

IP65ってなによ・・・という方もいるでしょう・・
IP 6:防塵性能のこと(粉塵等が進入しない)、5のほうは防水性能で、通常の雨風では、機能に影響をきたさないレベルです。ホースなどで、圧力をかけながら放水されると水の進入があるレベルですね・・・

で、この写真の電球は、IP65の性能を持って、しかも、低温-30℃から高温40℃までで動作する、優れもの・・・冷凍庫や冷蔵庫、沿岸地域、シャワー室、通常の屋外や看板のライトアップ照明の替わりにも使える。

シリーズで小さいものから、最大36Wまで、水銀灯やHIDの交換用にも最適なライトでした・・・

IP65Dシリーズ製品の紹介はこちら

d0165304_2251293.jpg
[PR]

by ledlighting | 2010-05-22 02:26 | LED照明機器